日記や、ほぼ自分用のAfter Effectsなどのメモ用な場所。

[ --/--.-- --:-- ] 〈スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ 2009/04.15 03:47 ] 〈プラグイン trapcode
今回紹介するのはtrapcodeのHorizonです。

3Dコンポジションにて無限遠点の背景を作成し、カメラの動きに合わせ正確にマッピングしてくれるプラグインです。

horizon_lines.jpg


試しに適当な素材から、宇宙での爆発をイメージした動画を作ってみました。




まず↓のような宇宙素材のレイヤーに対してHorizonを適用します。
space01.jpg


Image Map→Layerで宇宙素材のレイヤーを選択します。

AE01.jpg


これでカメラを追加し位置や方向を変えるだけで、カメラの動きに合わせ正確にマッピングしてくれるのが確認出来るかと思います。

後は爆発の煙などはTrapcode Particularを使えば簡単に作れます。
(サンプル動画の爆発はプリセットをそのまま使用しています。)

これがあれば、3Dの背景が簡単に表現できますね。

しかし、あくまで一つの画像を大きい球体にしているだけなので、
建物の画像の場合、端の切れ目が繋がって、変な風に見えてしまう部分が出てくるかと思います。

もちろん軸をずらしてカメラに見えないようにしたり、色々誤魔化しは出来ますが、
360度カメラが方向を変える場合などは、360度パノラマ画像を作るとよいでしょう。
スポンサーサイト

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。